FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは!トラックバックテーマ担当本田です。今日のテーマは「缶詰めといえば?」です。缶詰めといえば、何を思い出しますか本田はなぜか、カニ缶を思い出しましたカニが大好きな本田ですが、缶詰とはいい高級品のカニ缶は母親からなかなか開ける許可がでない、特別な缶詰だったからです今は食べ物にかぎらず�...
トラックバックテーマ 第893回「缶詰めといえば?」



缶詰!
それは酒の肴にもってこい!
酒飲みのたわごとはおいといて。

缶詰といえば定番の鯖の味噌煮や水煮。
他の魚は鰯、秋刀魚、鰊、などなど海魚ばっかだなぁ。川魚や淡水魚の缶詰は喰ったことないです。
日本製も良いけど意外にフランス、イタリア、ポルトガル、スペインといったあたりの缶詰もなかなか口に合う。
オイルサーディンの缶詰はお気に入りのひとつ。
黒パンに挟んでムシャムシャ喰いながら白ワインを呑むのが良い。

次は肉。
焼き鳥の缶詰は我が家の定番、安売りの時に大量にストックしておくほど。
あとはコンビーフとか、スパムやランチョンミートとか、塩漬け肉ばかりだけど、鯨肉の大和煮とかもたまに買うなぁ。
レタスの葉にコンビーフをほぐしたものとスライスした赤タマネギをのせてノンオイルのドレッシングかけるとそれだけでおかず一品。
スパムもランチョンミートも、そのままフライパンで焼いてパンに挟めば即席バーガー。
サイコロ切りして炒めて酒の肴というのもありかな。

あとは野菜系。
トマトのホール煮とかミックスベジタブルのコンソメ煮とかスイートコーンとかグリーンピースとかホワイトアスパラとか。
煮物鍋物の具にする用にいくつかストックがあるけど、最近減らないあたりがなんとも。



変わり種というかあまり見かけないのが白飯、鶏飯、赤飯などのご飯モノの缶詰。
これはコストパフォーマンス悪いけどとにかく手抜きに最高。
口を開けないで沸騰したお湯で温めておくと1~2日は喰える。
車で山や海に往くときに持っていくと便利。

なかなか手に入らないしここ数年見てないけど「沢庵漬け」の缶詰。
おかずによし、酒の肴によし、という優れもの。


結局酒の肴にしかしてないや・・・
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://khoya.blog95.fc2.com/tb.php/9-d36af41c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。