2016.12.23 今さらCentOS6
仕事でLinuxを使うことがそれなりにあるのだけど・・・
CentOSをVirtualBOXにインストールした、その手順のメモ書き。
CentOSといっても、最新のではなくて一つ前のメジャーバージョン、6.8Finalというやつ。
なぜ今さらCentOS6か、というと本番環境はRHELで評価環境と言うかデバッグ環境で必要になったから。


x86のDVD用イメージを2つダウンロードしてきて(オヂサンはftp.jaist.ac.jpから落してきた)からが本番。
VirtualBOXで操作しなければ行けないのは3つ。
・タイプLinuxにしてから、バージョンをRedHatもしくはFedoraにする(CentOSという項目は無い)
・CPUの設定で「PAE/NXを有効化」にする
・ストレージの設定で仮想HDDの容量をデフォルトの8Gから32G以上にすること。
あとはデフォルト設定でOK。
使用するメモリをギリギリまで減らすなら仮想PCへのインストールが終わってから。
インストール時には最低768(デフォルト)以上にしておくのが吉。

仮想PC立ち上げてインストーラーが動き出したら、言語は日本語で。
用途はDesktopかSoftwareDevelop(オヂサン、いちおうプログラマーだから)で。
このとき、オプション設定で必要なアプリを先に選んでおくといい。
あとから入れるのはWindowsに慣れてると「あ゛ぁ!?」ってなることが多い(パッケージの依存関係とか)
Windowsだと依存関係というと、ほとんどがVBランタイムとか.NetFrameworkのバージョンが~という程度で済んじゃうから。
あとはデフォルトのままとにかくインストール(設定項目ほとんどなし、ユーザーアカウントぐらい)。

CentOSが立ち上がってユーザーアカウントでログインしたら真っ先にやること。
1)ネットワーク(VBOX側)とIPアドレス(ゲストOS側)の設定
2)YUMレポジトリの変更(そのままだと何も出来ない)
3)Javaのバージョンアップ(先に古いJava消すと依存関係のせいで色々おかしくなるので止めましょう・・・)
必要なら
4)共有フォルダの設定

オヂサンはそこからNetBeansのインストールするぐらいで事が足りるので、あとはIPアドレスの設定弄ったりする程度なのだけど。

参考にしたページ
サーバーワールドさん
VirtualBOX Maniaさん
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://khoya.blog95.fc2.com/tb.php/85-3f6172a9