FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々に「Blog更新するか」と思い立ってfc2のログイン画面まできて、IDとやたらめんどくさいパスワードを入力した。
先日、それまで使っていたセキュリティソフトのライセンスが切れたので新しいのに変えてみたのだけど、同時にフリーのレジストリクリーナーと言うのを入れてみた。
どちらにも「パソコンを高速化する」という機能があるのだけれど、それでブラウザ周りの履歴とキャッシュを消去したのが原因だろう、全てのアカウントとパスワードが消えている。
他に思い当たるのないし。

無料のクラウドPCサービスに登録しているので、IDとパスワードなんかはそこにメモ書きを置いてあるのだけれど、そこへのパスワードも消えてて、意味不明な文字の羅列をいちいち入力するという羽目になった。
FC2でつかってるパスワードは10文字程度と長くはないのでソラでおぼえてるけど、妖しいのはたくさんあるし覚えるのを放棄したのもいくつかある。
自称でもプログラマーなので「パスワード生成プログラム」なるものを作ってあって、それで作ったランダムな文字列をパスワードに使っているので人間様には非常に覚えにくい。

最近は多段認証とかで「パスワード忘れた」となるとスマフォにワンタイムパスとか送るのが当たり前になってきているので「わかんね~!」となってもたいした手間なく復活できる。
しかしオジサンがネットワークを使い出した四半世紀も昔は、カスタマーサービスに電話して登録してある住所宛にワンタイムパス郵送してもらってそれが届くまでの1週間は旧パスワードでもログインできない、なんてのが当たり前だった。
牧歌的と言うか時間の流れがスローな時代だったねぇ。

セキュリティレベルが高くなればなるほどシステムは使いにくいものになる、というのは何もネットワークだけの話しではなくて、全てに言える。
玄関の鍵だってひとつよりふたつのほうが泥棒に入られにくいが、鍵の開け閉めの手間は2倍だ。
まぁ、プログラマーという人種は「楽をするために苦労することを厭わない」変なところがあるので複数のIDとパスワードを一元管理するツールとかは普通に作るものだ。
紙に書いたり、プログラム作ったりは人それぞれだけど。
先のパスワード生成するプログラムだって「同じパスワードだと不正利用が~」というので急遽こしらえたものだったりする。
自分でパスワード考えるの、面倒だから。

オジサンみたいに旧いタイプのプログラマなパソコンユーザーだと、実の処セキュリティの関心は高くないのが多々居る。
相当昔の話になるけど、プログラマーとオペレータとでは「自分が不正アクセスできるスキルをもっているか?」という質問に対して、オペレータは「ある」という人が多かったがプログラマーは「ない」が多かったというアンケートの結果を、見た覚えがある。
そもそも関心が無いのでスキルが身につかない、というところまでそのアンケートは分析していた。
しかし実情は、ケッコウ違うとオジサンは自分の例を元に考えている。

『プログラマーは楽するために苦労を厭わない』といったけど、これはもともとは『エンジニアは』という言い回しだったはず。
最初に目にしたのは1978か79年、そのくらいの頃に技術系の雑誌だったかニュース誌だったと思う。
それから20余年たって『プログラマーは』という言い回しにデジャブを覚えたものだ。
以来、たびたび口にしてるのでひょっとしたらおじさんのオリジナルと思ってる人も世の中にはいるかもしれない。

エンジニア、つまり技術系の人間は『必要な苦労は厭わない』がそれはあくまでも『楽をするため』なので『苦労する必要を認めない』ことに労力をかけたくないという、ずぼら人間でもある証拠だったりする。
身だしなみが「だらしない」とか「不潔」とかそういう目で見られがちだが、それはあくまでも結果。
根底には「ジーパンとスラックスと何が違うの?」という「服は服でしょ?」という、全てにおいて独自の価値観で、それに基づいて合理的にカテゴライズする思考がある。

オジサン的には「食器洗い」がもうちょい効率的にならないかと考えている。
引越しして職場環境が変わって生活習慣も変わって、3度の食事を自分で作るようになったから余計にそう思う。
食器洗い洗剤で洗い、流水で流し、籠において水を切って、乾いたら食器棚へ移す。
この「乾いたら」が意外に面倒。
一人で使う食器などタカが知れている。
ご飯茶碗に、汁者の椀に、皿が1枚かせいぜい2枚。
ピラフとかにした時には皿1枚だけとかも。
そこでやりだしたのが、ウェットティッシュを使う方法。
流水で洗剤をながしたらウェットティッシュで拭いてそのまま食器棚に入れてしまう。
使い捨て布巾のノリで拭いてしまうのだ。
それにアルコールは水より揮発性が高く、また気化するときに水を道連れにしていく特性がある。
大して差はないとはいえ布巾で拭いただけのときよりも乾燥する時間は気持ち短いし、なにより洗い残した油汚れがウェットティッシュで拭くと意外に落ちるのだ。
殺菌も確実行われるので男やもめには良い方法だと自負している。

それを知人に話したら「なにそれ」と呆れられたが、手を抜くことは悪いことじゃないはずだ。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://khoya.blog95.fc2.com/tb.php/66-574eb2c2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。