FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
集団的自衛権を容認するという閣議決定がうんぬん、と報道されてたりするのだけど。
個人的には「良くやった!」と、誉めてやりたい。

冷静な目で見ると、日本の海軍力(海上での戦闘能力)は太平洋沿岸諸国では低く見ても4番目だったりする。
ヒトサマの国まで攻めていくとなると、下から数えたほうが・・・な状態だけど。
イージスシステムを搭載してるフネ、日本には護衛艦(昔の呼び方だと駆逐艦)しかないのだけど、を持ってる数は2番目。
それだって1番のアメリカに比べると大人と赤ん坊ぐらいの違いがあるのだけど、世界でも指折りの強さ(のはず)。

ニュースを読んでるだけでも太平洋を取り巻く国は中国、ロシア、東南アジア諸国連合(1枚岩じゃないけど)、オーストラリア、南米(こっちも1枚岩じゃないどころか国のなかでも・・・)、北米(アメリカとカナダとが必ずしも足並み揃ってるわけじゃないけど)と日本をどこにいれるか、で数え方変わるけど少なくても7つ以上の勢力が入り乱れているのが判る。
ひとくちに東南アジア諸国連合といったけどここも分け方にもよるけど2つ3つどころか6にも7にも分けられるが、その6や7がひとつにまとまっても、日本には遠く及ばない。
アメリカ、ロシア、中国という超大国に、大国ポジの日本、そして小国がずらずらってのが現状だろう。
オーストラリアは意外に海軍力がなかったりするのが驚き。
まぁ中国の場合はどこまで数字が本当かわからないので「常設(常備)の軍事力」で言ったらアメリカ、日本、ロシア、中国の順番かもしれない。
その中で日本といえばアメリカの傘下で、同一勢力。
もともと海上自衛隊はアメリカ軍の予備戦力的な位置づけで創設された経緯があるからしかたないのだけど。
なので太平洋にはアメリカ、中国、ロシアの3超大国がいる、とみなしていい。
ここで、ロシアは大西洋と地中海にも勢力を裂かないといけない(というか、彼らからすると極東なんてド田舎なんてアウトオブ眼中だろう)ので数的にはあまり脅威ではないし、今のところ、軍事行動にでる気配もなさそうだ。
となると、不穏な空気の発生源は、中華人民共和国、この傍若無人を絵に書いて更に酷くした蛮人国家が筆頭だろう。
今、中国はロシア、北朝鮮を除くすべての国境を接している国と戦争状態にある、と言っても言い過ぎじゃないかもしれない。
チベットなんかは侵略戦争して占領したしモンゴルとも、思い出したように戦闘してる。
ベトナムとは毎年まいとし盆暮れ正月や農繁期に自然休戦するような状態をン十年続けてきて、ここにきて急に行動が過激になっている。
連日の報道でも国際協調なにそれ、という中国の外交のハナツマミな話題が挙がっている。
東アジアの火薬庫は間違いなく中国でいつ爆発しても不思議じゃない。

そんな中での集団的自衛権の容認は正直、よくやった、と喝采を揚げるべきだ。
現実性は低いと思うのだけど、例えば東南アジア諸国連合と中国が軍事衝突する、つまり戦争になったとき、日本は世界指折りの軍事力をもっていても、その侵略を「対岸の火事」とばかりに指を咥えてみてるだけ、という情けない状態に陥らないですむのだから。

今までの憲法解釈の「集団的自衛権が無い」という40余年まえの苔むすどころか生えたカビも乾燥してるような古臭い考え方では、それこそ字義道理に解釈すると、PKO出動した自衛隊員の目の前で難民が虐殺されてても自衛隊員に危害が加えられない限りは指を咥えて見ているしかない。
それどころか、日本国籍を持つ(イワユル邦人)が殺害されていても手が出せない。
自分の国の国民を守れることが禁じられた軍隊、自国の軍隊に国民を守らせない法律。
そんなものがまかり通っていたのが今までの日本の法律なのだ。
集団的自衛権反対というヒトは、そのあたりをまったく考慮に入れてないとしか思えない。
戦争反対、と言うアレルギーに似た過剰反応というか、ヒステリーを起こすのが年配に多いと思うのは偏見か?
そういうヒステリー持ちも含めても、「自分が良ければそれでいい」という自己中ばかりだといってしまっても、まぁまぁ当りだろう。

集団的自衛権容認で、やっと、世界で屈指の海軍力を持つ日本が「同盟国のために」力を振るうことができるようになった。
狭い範囲で考えれば日本のためにはならないと見えるだろうが、広い目で見れば国益につながる。
対応を間違えなければ。

あと、切実に願うのは、持った力を振るうことが出来る者はその力の使い方を常に考えなければならない、という責任がついて回るコトを忘れないで欲しいということ。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://khoya.blog95.fc2.com/tb.php/64-b4eae63b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。