FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
消費税アップ前の駆け込み需要でパソコンは買いか? などというバラエティ系なニュースで言っていたのを耳にして、その昔にプログラマー向けの雑誌で紹介されていたブラックなジョークを思い出した。

ある男が電気店の売り子に尋ねた。
「一番得なパソコンの買い方は?」
店員は答える。
「死ぬ一日前に買うことです」

今、目の前にあるパソコンは引越し荷物の中から出てきた数年前に買った超薄型のパソコン。
買った直後はこれでネットサーフィンしてたんだよなぁ・・・と思いつつ、荷解きの手をしばし中断してネットにつないだら、アップデートが2個とか出てきた。

たったの2個?

まぁいいか、とアップデートかけたら、怒涛のごとく次々と襲い掛かるアップデートの嵐。
めまぐるしく行われる、アップデートが終わるたびに現れる新たな「アップデートがあります」メッセージ。
全部で3万個ぐらいだろうか?
途中で付き合いきれなくなって放置プレイをかました。
1時間ほどで終わったんだけど、このアップデートの多さは日々、細かいバージョンアップが行われている証拠でもあるわけで。

ジョークが紹介されていたのは20年も昔、バブルはじける直前ぐらいだったか?
当時はハードウェアの進化が早かったから成り立つジョークだったけど、今はもう成り立たない。

今なら「新型が出るまて待ちなさい。そして古い型のを買うんです」とでもなるだろうか。
だとするとオチがなくなっちゃう。
それが時代の流れ、なのかもしれない。

まじめな話、今は情報家電は「必要になったら買う」と、それ以外に「お得な買い方」ってありえないんだけどね。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://khoya.blog95.fc2.com/tb.php/48-df116c35
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。