FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近所に、お好み焼き屋があって、ちょこちょこ通うようになってそろそろ半年になる。
ボックス席しかないので、独りでいくにはちょっと気が引けるのだけど、ついつい足が向く。
目の前でお好み焼きに火が通るのを待ちながらビールを、というのは結構いける。

今住んでいるところは、一応横浜市だけれど、戦後になって畑を潰して分譲地にした住宅街で横浜にでるには少々時間がかかる。
住宅街のなかだけあって飲食店は非常に少なく競合店が無い以前に、駅から遠くバス停が目の前に有るほかは立地的がお世辞に言ってもよくは無い。
そんな所にある店なので自然と客は近所の人ばかりになるのだけれど、居合わせるほかのテーブルなんかの声を聞いていると、お好み焼きやもんじゃ焼きの食べ方を知らないのが多いことに驚いた。
ちょくちょく店主が焼き方をレクチャーしている姿も見る。
人当たりが独特で好き嫌い激しいと思うけど、優しい店主だ。

店主が、もんじゃだおこのみやきだ、を食べる食文化がないんだよ、と洩らしていた。
東京だといわゆる下町にもんじゃ焼きの店はけっこうあるし、いまどき、もんじゃ焼きの店でもお好み焼きは当然ある。
大阪では、もんじゃ焼きって見た覚えないけど、たぶん、同じような状況だろう。
そう思って出張だの打ち合わせだのの道すがら町並みを見ていたけど、繁華街に必ずあるか、というとそうでもなく、思っていた以上に少なかった。

横浜にきてから食べるものなら何でもある、と思っていただけに盲点だった。
お好み焼きでビールって結構いけるんだけど、ね。
スポンサーサイト
100円ショップでレンジ加熱ができる蓋つきの器を見かけたので買ってみた。
容量約500cc。
レンジでインスタントラーメンが作れる、という触れ込みだったけど普通に電子レンジ調理できる樹脂製の鍋だった。
ということでコンビニで買ってきたカット野菜と豚肉切り落としを鍋に入れ電磁レンジに入れて5分加熱。
レンジから出してみて雑味が残るとすぐにわかった。
肉の灰汁がうっすらと浮いていたから。
普段はコンロで煮るときはお玉で取り除くんだけど電子レンジ加熱だとソレができない。
灰汁取紙ないしキッチンペーパーも、使わなくなって久しいので置いてない。
仕方が無いので濃い目の味付けにしてごまかすことに・・・。

もうひとつ、コンビニで買ってきていた冷凍のアルミフォイル鍋のラーメンを作ってみた。
そっくり鍋のなかみを移して解凍モードで100gあたり1分見当で過熱。
なかなか良い感じに溶けたけどスープが麺にかかってないので麺と具がひたひたになる程度に、と都合100ccほどの水をさして3分加熱してみた。
ちょっと熱の通りが悪いのでもう3分かけたらちゃんと隅々まで熱が通っている。
水をさしたぶんだけスープが薄まってるけど、もともとが味が濃かったのか良い感じになっていた。
これで火を使わないでもアルミフォイル鍋のうどんやラーメンが、とおもったけどアレは火にかけて調理するのが良いのであってレンジに移してまでやることは無いな。
アルミフォイル鍋の「もつ鍋」は逆に電子レンジに移してカット野菜と一緒に加熱したほうが良かった。
火を使わないでもできる、ということだけは利点かな。

寄せ鍋でもなんでも、火を使わずに10分かからずに作れてしまう。
これからますます寒い時期になるけれど、独り鍋が簡単にできるようになったのは嬉しいことだ。

ただ、ことことと火にかけてその火が部屋も温める、なんて風情がなくなるのは少々寂しい。
滅多にヒトの来ない我がアパートに二人組みの女性がたずねてきた。
若い女と、初老の女との二人組み。
数年ぶりのエホバの証人の来訪だ。
延々と長々とクダラナイ前置きをする初老の女にぶち切れそうになった。
だって「宗教に興味ありますか?」ってのを5分もかけるんだから。

そこで「偽者の宗教に興味ないから帰れ」と言う主旨の事を告げたらすごすごと帰っていった。
昔は食いついてきたんだがなぁ・・・と少しばかり肩透かし。
食いついて来たら食いついてきたでイジメるネタはあったんだけど。

そもそも何故かエホバの証人が嫌いなのだ。
生理的に合わないし、そも、不条理で不合理で嘘とクソで固めたような教義が気に入らない。
ラッセルが聖書研究で始めたころは確かに良いところがあっただろうが、今のエホバはただの精神的な奴隷を量産し、搾取するだけの「宗教を詐欺のネタに使うネズミ講」だと言わせてもらう。

既存宗教の、たとえばユダヤ教の、カネに関する戒律やら信仰やらはバブル期を経験した中高年の日本人には信じがたいものがある。
それとて歴史を紐とけばユダヤ人がユダヤ人として生き残るための過酷な闘争に必要であったから、という面があったことがわかる。
カネとはすなわち権力や武力を生む元になる。
今のユダヤ資本は迫害されてきた中を生き延びたからこそだともいえる。
長い歴史の中で作り上げられたのであって一朝一夕にできたものじゃない。

ところがエホバの証人なんてラザフォードが乗っ取ったとたんに信者からカネを巻き上げる組織に変ってしまった。
数年とかからずに。
つまりは意図して、カネを巻き上げることを目的として、組織を作り変えたって事。

カネを巻き上げる「だけ」の組織だったらとっくに潰されているのだろうけど、ラザフォード本人なのか、その影に居た人間なのか、とにかく受益者たる統治体は頭が良いのが居た。
とはいえコロコロと教義や経典の解釈が、あくまでも統治体にとって都合よく、変っていく様を見ているとラザフォードの後継者たちはバカとはいえないぐらいには頭がいいがラザフォード時代にくらべて数段劣っているのが判る。
開拓者とか布教とか言うらしいが、奴隷狩り以外の何者でもない。
奴隷に奴隷狩りをさせるというシステムは、確かに組織の拡大と言う点においては優れている。
こちらとしては奴隷になんぞなりたくないから、奴隷狩りとは戦うわけだが、奴隷狩りが『か弱い』女性にさせているあたりもタチが悪い。

正直、エホバの証人は「有りもしない恐怖」を操る心理的というか信仰に対するテロリズムの体現者だ。
加えて統治体の奴隷になってることに無意味なプライドを植えつけられているバカの集まりでもある。
関わらないのが一番だが、身内に信者が居ると、いつの間にかカネを持ってかれるんだよな。
知人で離婚したのも何人も居るし職を失って生活に窮してるのも多い。
というか「身内が信者」とか「本人が信者」ってのの知り合いで、破滅してない人間がほとんど居ないんだよな。

いくつも家庭崩壊を引き起こさせてる組織なんだから、信仰の自由の裁量を超えた反社会的な組織ってことで壊滅させられないのかねぇ。
オウムみたいに。
目前、というほどでもないのだけれどWindows XPのサポート終了が見えてきている。
今までもWindows9xや2000のようにOSのサポートが終わってきているので、それ自体はまぁ問題は無いのだけれど移行する先のOSをどれにするか、が意外に悩める。
今まで使ってきた機材はどれもこれも「XPがまともに使えれば良いや」とばかりの、ロースペック機が殆んどでWin8いれたらもっさり過ぎるのは明らかなのばかり。
XPなのはもうひとつ理由があってOfficeツールが未だにOffice2000だってことがある。

ネット見たり、拾ってきたアプリを使うだけならLinuxでも入れておけばいいのだけれど20年も「自称」が付くけどプログラマーしてくるとそれなりに作りこんだツールとかがあるわけで、今更Linux用に作り直すのも面倒なのがそれなりにある。
特に困るのがExcel、OutlookなどのOffice VBAで組んでるツール類。
ポイントサイトから送られてくるメールに何度も同じURLが出てくるのがあって、同じページを延々と開くのがイヤになってフィルタ処理を作ったのがVBAの始まり。
今じゃ自動的に開いたり、返信メール書いたり、メール本文で仕分けしたりと仕分けルールで大まかに分類してからVBAで処理している状態。
そんなこんなで、考えるOutlookの為にWindowsを選ばないと、10年分のメールデータがパァになる。
となればWindows継続なのだけどOSだけ買いなおすなら8.1しかない。
しかし今のPCで8.1は辛いので、7の入ってる中古をかうか、8.1の入っている新品を買うかになる。

それと気をつけないといけないのは、中国メーカの製品は買わないこと。
対日政策とか、言論統制とか、不正情報収集を国家ぐるみでやっているとか、もうあの国の情報機器は正直使えない。

キーボードがないとダメという老頭だったり、重いと腰が砕けるジジイだったりするので、どうせ中古のLet'sノートになるとは思うのだけれどね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。