FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.18 仙台出張!
仙台といえば、麦飯と牛タンの組み合わせは外せない!
ちょいと足をのばして山や港でも美味いモノを喰らい尽くすぞぉ!!
ホヤを熱燗で、とか、キノコの木の葉焼きとか!!!

6~7年ぶりの、会社の金で豪華四泊五日の食い放題!
前回は会社の金でゼロ泊3日の死の旅だったなぁ…
お客さんの所に入れてた機械が古くなり過ぎで動かなくてなぁ…
今回は全く逆に試験も終わってない新品の試作同然なのを入れるんだよなぁ…
まともに動いたら奇蹟とかお客さんに言われてるんだよなぁ…
5日でかえってこれれば御の字。
キット来月半ばぐらいまで仙台に人質状態になるにきまってるんだ、うん。

というので、逃げ出す?算段をしてたらおもしろい記事を見つけた。
せんだいコミュニティサイクルというレンタサイクル。
ヴェリブとかの日本版・・・なのかなぁ?
仙台市内が車の渋滞が酷いという話しは記憶にない。
記憶にあるのは粉塵公害のひどさでそれもずっとずっと昔、昭和の頃のスパイクタイヤが町のタイヤ屋で売られてた時代のこと。
でも申し込みだけはしました。
早く来い来い『仙』マークのカード、それがおいらの自由へのパスポート。

忘れずにホヤで日本酒の熱いノを呑ってこないと。
スポンサーサイト
2010.10.14 アンコウ。
数年ぶりに鮟鱇を肴にして、一杯やってきた。
唐揚げと、皮の湯がきのポン酢。
それで真澄をきんきんに冷やした奴。

皮のポン酢は、実のところ初めて。
辛目の紅葉大根が添えてあって、ちょっと味付けがしつこいかと思ったけど鮟鱇の皮そのものは味が淡泊で薄いから肴にするにはちょうど良いかも。
KHOYA的にはもうちょっと控えめのほうが、という感じだった。
主肴にはちょっと物足りないけど箸休めにはなかなか行けそうな気がする。

来月あたりはアンコウ鍋に添えてみようかな。
プログラマー(なんちゃって、が頭に着くが)であり、SF好きなオジサンは時々思う。
コンピュータは一体いつになったら自然言語を『理解』するのだろうか、と。

それにはまず『理解するとは何か?』を定義するべきだろうか?
今の時代、真の意味で『言葉を理解している』という存在は、人間も含めて、いったいどれだけ居るのだろう?

哲学の世界に足を突っ込む。
そういう分野だと思うのだけれど。

話し言葉で説明したらスキーマ設計からなにからなにまで全部やってくれるツールがあれば、理解してくれる必要なんか無いんだけどさ!

昼飯悔いそこねた恨みというか、妬みというか、で書いてるんじゃないよ。
ほんとだよ。
マイクロフォンに向かって話したらスキーマ設計してくれるツールが欲しいだけなんだよ。
ViaVoice付きATOK入れたパソコンで話しながらワープロ打ちしてたからふと思っただけなんだよ。
2010.10.09 刺身
さんまさんま、さんま苦いかしょっぱいか。
知人と飲みに行って「サンマ刺って食べたこと無い」と言い出した。
今時珍しい。

昔、サンマは刺身で喰わなかったというか喰えなかった。
ウチの爺さまは戦前の漁師時代にさんざんサンマの刺身を船の上で喰らってたというが。
今は保存技術が発達したからどこでも喰えるようになったけど、それでもサンマ刺はマイナーなのかもしれない。

サンマ、鰯、鶏、馬、牛と刺身を喰らった。
店にはなかったけど刺身コンニャクなんてのも世の中にはある。
海の物はだいたい寿司ネタになってる。

で、寿司ネタ以外で何か無いかと考えてたら鯖とタケノコの刺身を食ったのを思い出した。

鯖の刺身はうまくなかった。
正直不味かった。

タケノコは堀りたての柔らかいのでないと生では食えない。
あれって掘り出してもしばらくは成長してくからすぐ固くなるんだよな。
キャベツ畑で採りたてのキャベツを割って芯を柔らかいウチに酢みそとかで喰うのもいけたがあれは刺身といえるのか?

刺身の定義を考えてたらこんがらがってきた。
ただ生の素材を切って皿に盛れば良いという物でもない。
タタキとか松皮作りみたいに表面だけ加熱した後氷水で冷やすとかもあるし、茹で豚の刺身とかもある。
アボガドなんてのもあるなぁ。

ふぅむ?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。